fc2ブログ
こころ穏やかに暮らしたいのに...あぁ、なんで毎日、こーにゃるの!?
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2013年02月07日 (木) | 編集 |
2月7日(木) 曇

今日も、読書感想日記です。
>たくさん書き溜めたままで、アップしてなかったので~。(^^;


これも、昨年の11月に読んだ作品です。
>大体、月に3冊のペース。

 121113goiraiha-mahibunoba-he
 ご依頼は真昼のバーへ
 角川文庫  

ネタバレ、あります。



真昼に開く会員制のバーで、日給500円で働く謎のイケメンのバーテンダー。
主人公が、そのイケメンバーテンダーに、神楽坂で起こる事件の解決を頼まれるという
ストーリーです。

途中、殺人事件も起こったりして...


会話のテンポが良くて、サクサク読めましたが、
探偵物としては、ちょっと物足りなかった...かな。


主人公のお母さん、素敵なキャラでした。
二人の芸者さんも、可愛いキャラでした。


でも、作品の題名にもなってる「真昼のバー」の

 イケメンバーテンダーが、主人公じゃない

ってのが、ちょっとねぇ...


てっきり、イケメンバーテンダーが活躍するんだと思ってたから、騙されました...(--。


んでもって、バーは、なんで真昼に開けてるの?
 (夜は、別の人がちゃんとやってるみたいだけど)

会員制ってことだけど、お客さんは主人公と芸者さん以外は、数人しかいないみたいだし、
そのせいか、イケメンバーテンダーの時給は500円。

しかも、やり手のバーテンダーかと思ったら、
安っぽいおつまみしか作らないし...

本筋より、バーテンダーの謎の方が、気になって、気になって...(^^;;


結局、このイケメンバーテンダーの正体は謎のままなので、
ちょっとモヤモヤが残りました。



探偵モノ?そりとも青春モノ???
な~んか、どっちつかずの中途半端な作品なっちゃってるように思うし、
突っ込みどころも色々ありましたが、
通勤電車で読むには、無難な作品だったので、
評価は☆☆☆(星3つ)です。 (^^;


読みやすい作品だと思ったのは、
前作のMUSIC(新潮文庫/古川日出男)が、
あまりにも読みにくくて、分かり難い作品だったせいもあるかも?(^^;


ポチッとよろしくです→  
  
           
人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック