fc2ブログ
こころ穏やかに暮らしたいのに...あぁ、なんで毎日、こーにゃるの!?
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2015年11月03日 (火) | 編集 |
2015年11月3日(火) 曇

藤城清治展 「愛と平和の祈り」 に行ってきました。

 151103hujisiro-seiji-


 151103hujisiro-seiji-2

藤城清治さんは、
今年91歳になられましたが、
未だに精力的に創作活動をされています。
※公式HPはこちら→http://fujishiro-seiji-museum.jp/

ケロヨンやカルビスのパッケージの影絵など、懐かしい作品から
最近の新しい作品まで、たくさんの作品が展示されていまいた。

7年前(2009年)、京都に見に行った時も感動しましたが、
今回も、切り絵の繊細さに感動しました。

幻想的な影絵の世界に、どんどん引き込まれていきます。


藤城清治さんにとって、「こびとは人生のパートナー」なんだそうです。
友人であり、分身であり、パワーの源であり、愛のメッセンジャーであり、
インスピレーションをあたえてくれる存在なんだとか。
私は、小人ってちょっと恐い感じがするのですが、
藤城清治さんにとっては、なくてはならない存在のようですね。

 151103hujisiro-seiji-3s
 
絵葉書を買いました。>原画はとても変えるお値段じゃないので...(^^;;
 
一番上の左側は「アリスのハート」
です。
 7年前の個展では、売り切れていてとっても残念だったので、
 今回手に入って嬉しかったです。

 

 一番上の右側は「軍艦島」です。
 原画は、大作でした。
 その大きさと、波を1枚1枚切り張りしている細かさに驚きました。
 >この作品にも、ちゃんと小人さんがいます。(^^;

絵画にはあまり興味のないアンパン旦ですが、
24時間テレビに出演していたのを見ていたらしく、
この人は知ってる!と言ってました。
>ちなみに、
私は24時間テレビは見てません。(^^;

「日本-大阪大パノラマ」
は、幅が6mもある大作で圧倒されました。
隅から隅まで、すべてが大阪!
大阪大パノラマって題なんだから当たり前だけど。(^^;;
>絵葉書がなかったのが残念ですが、
 あんなに大きい作品を絵葉書にしたら見えないかもねぇ...( ̄▽ ̄|||

「日本-大阪大パノラマ」
は、何時間見ていても飽きない作品でした。
写真撮影はできないし、絵葉書もなかったので、
画像をご紹介できないのが残念です。
興味のある方は、自力でネット検索してください。(^^;;
>画像をアップしているサイトはあるんですが、
 勝手にリンクしちゃいけないと思うので。
 
「日本-大阪大パノラマ」は、右上の端っこにある「太陽の塔」
その後ろから輝く太陽が、一番印象に残りました。

私にとって、大阪のシンボルは、
通天閣ではなく太陽の塔なので~!(^^;;


ポチッ!とよろしくです→  
               
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



2011年09月25日 (日) | 編集 |
9月25日(日) 曇

京都市美術館の「フェルメールからのラブレター展」に行ってきました~。

 110925Vermeer-1

テレビで何度も特集していたせいか、美術館はいつも満員みたいで、
行くのが延び延びになっていたんだけど、そろそろ行かないと
最終日が近くなると、益々混んでくるからねぇ。(><;


 110925Vermeer-2
  公式サイトはこちら。→http://vermeer-message.com/


フェルメールの絵については、テレビで何度も解説を聞いたので
それなりに予習済み。(^^V

・門外不出のアムステルダム国立美術館所蔵の「手紙を読む青衣の女」
 修復後、世界初公開として日本初上陸!

フェルメール・ブルーとも言われる青色は、ラピスラズリという鉱物(宝石)を
 砕いて溶液で溶かして植物油脂でといたもので、とっても高価な絵の具なので、
 17世紀には金よりも貴重fだったとも言われて、「天空の破片」とも呼ばれていた。

 なんと、通常の青い絵の具の100倍 もしたんだとか。

 >ひゃ、百倍ぃぃぃ!? ひえ~!

 そのせいで、フェルメールの死後、相当な借金が残ったんだとか。 (ノ゜0゜)ノ



 門外不出の絵画ってことは、
 多分、今回見ないと、二度と見られないってことだわー!
 
> オランダ旅行なんて、絶対に行かないと思うから...

 借金をしてまで使ったという超高価な絵の具の色を、
 絶対に見てみたい~~~!


ってことで、またまたプチ絵画マニアの血が騒いで行って来ました。q(≧∇≦)p


 110925Vermeer-3京都市美術館

お天気も曇ってたから、ちょっとくらい並んでもそんなに暑くないから大丈夫だろう
と思って出かけたんだけど、結構暑かった...(><;
でも、思ったほど待ち時間は長くなくて、30~40分くらいだった...かな?

修復して、青の輝きが再現されたということでしたが...


 110925Vermeer-4  
手紙を読む青衣の女

 今回のメインは、この絵。
 本当に綺麗な青色。
 ふ~ん、こりが超お高い絵の具の青色か...


 110925Vermeer-6 手紙を書く女と召使


 110925Vermeer-6 手紙を書く女 


フェルメールの絵には、背景にある地図や、窓からさす光などから
手紙が誰から来たものだとか、どういう内容だとかが想像できるように
描かれているそうで、なかなか興味深い作品でした。

ただ、タイトルが「フェルメールからのラブレター」ってことで、
私が見たかった「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」
展示されていなかったのが、チョッチ残念でした。(;_;)

どんな絵なのか?って興味のある方は、ネットで検索してみてください。
きっと、一度は見たことのある作品だと思います。(^^;


んで、絵画鑑賞のあとは、京都駅ビルでお食事。


 110925kyoto
 ちょっとピンボケですが...お寿司です。(^^;;


んで、明後日、人間ドックで、また京都に来る予定。
毎年、ニンゲンドックは京都の某病院だし、
結構、京都にはよく来るんだけど、毎回、道に迷うのは、
私が方向音痴なのもあると思うけど、

京都って、JRも私鉄も市営地下鉄も、

 駅の案内板がめっちゃ分かりにくい!
 
と思うのは私だけかなぁ...?( ̄_ ̄; 


ポチッ!とよろしくです→ 
            
人気ブログランキングへ


2010年10月10日 (日) | 編集 |
10月10日(日) 曇
※まだまだ、昨年の報告が溜まってます。
 かなり日にちが前後していますが、気にせずお読み下さい。ペコリ。


妹と、サントリーミュージアム天保山で開催されている
「ポーランドの至宝展」に行ってきました。 

天保山につくと、3連休のせいか
海遊館は長蛇の列。

んで、海遊館が長蛇の列なので、子連れの人たちが美術館に移動したらしく、
美術館のチケット売り場は、絵画を鑑賞するとは思えない子供連れのお客さんが
いっぱい並んでました。 

ここの美術館には、毎年1~2回は絵画を見にくるんですが、
今年の12月で閉館になるらしいです。

いつも、今日くらい沢山の来館者がいれば、閉館せずにすむのになぁと思うと
ちょっと残念です。(--。

 101010-3


 101010-5
 美術館の中から南港の景色を見るのも、これが最後かな...



ほで、お目当ての「レンブラントのモナリザ」ですが...

 101010-1

目がうつろで、どこをみているのかわからないところが
「モナリザ」と呼ばれる理由かな? 

でも、ダビンチのモナリザほどの妖しい魅力は感じられませんでした。

レンブラントは、光と影の魔術師と呼ばれているそうです。

んで、「光と影」ってことなので...
全体が暗くて1点に光を当てた絵が多くて、
目が悪い私には、あんまり細かいところまでよく見えなかったので、
暗い絵ばっかりだなぁ...って印象が残りりました。

>この画家のすごさが分からなくて、すんません。(><;


んで、気になったのが少女の手。
普通、少女の肖像だと、もっとぷっくりした可愛らしい手を描くんじゃないかと
思うんだけど、なんだか大きくてちょっとゴツゴツした男性っぽい手だったので、
自分の手をモデルにして描いたんじゃないのかなぁ?と思ってしまいました。
>あくまで私の想像で、真相は不明ですので~。(^^;;

それから、このですが、額縁から飛び出していて、「騙し絵」になってます。

手が飛び出してるように見せるために、大きな手を描いたのかな?
でも、あんまり可愛くないお手手です~。(--;
>私は、西洋画に描かれているぷっくりしたホッペが好きなのよ~。(^^;


ポーランドについてのマメ知識は増えましたよ。(^^V
              ↓
ポーランドは、は、第二次世界大戦で、ナチスに侵攻されて、
王宮やポーランドの美しい町並みを壊されてしまいました。

美術館も爆破されそうになったんだけど、
その時、美術館の関係者たちが自分の身の危険を省みず、
美術品等を持ち出して大切に保管しました。

そして、その中にあった風景画を参考にして、町の復旧作業を行ない、
市民が寄付をしたお陰で王宮も再建されて、
昔のような美しい町並みが取り戻されたそうです。


 国民の芸術に対する情熱っていうか、大事に思う心が
 日本人とはちょっと違うなぁ...


と考えさせられました。


美術鑑賞の後は、お食事して、その後「ふれあいペットガーデン」へGO!

ミラパケッソのCMで注目のアルパカですが...
 
 めっちゃ愛想悪かったです。(--#

 101010-4

 ずっと座ったまま動かない黒アルパカちゃん。

 白い子もいたけど、はるか遠くで...寄って来ません。

 ヤギもいたけど、こりまた寄って来ないので触れない。


ここって、ふれあい動物園じゃなかったっけ???(--#


んで、ワン・ニャンは触れたけど、
フェレットはガラス張りの小屋の中だったので、
触れないし、フェレ臭も嗅げなかった...がくり~。


来年、干支のウサギちゃんは、可愛かったですよ♪

 101010-7
 なんかくれっ!とオネダリ上手なウサちゃん。
 
 前足が可愛い~♪



 101010-8-2
 
かなり食いしん坊のウサちゃんでした。(^^;
 
 ずっとモグモグ食べてるので、ピンボケしか撮れなかった。(--;


 あぁ、生毛皮ってやっぱり癒されるわ~~~♪(≧∇≦)


  ポチッ!とよろしくです→  
                   
人気ブログランキングへ  

2010年03月12日 (金) | 編集 |

  3月12日(金) 曇

仕事を休んで、妹と京都の国立博物館の「ハプスブルク展」に行って来た。 

  100305100305habsburgs-ten-ticket   100305kyoto-museum2

今回、展示されている絵画は、見たことがある絵画が多かったので
行かなくてもいいかな~と思っていたんだけど
ニュースで、「今週いっぱいです!」って言ってるのを聞いて、

しかも、 「歴代のハプスブルク家の人たちの肖像画」が並んでる」 って聞くと、

  やっぱり見に行かないとー!

ってことになり、ギリギリになって行くことにした。


今週中に、仕事を休んで行くことにしたんだけど、
ずっとお天気が悪くて寒かったので、ついつい延期になり、
今日になってしまった。(^^;;


美術館は、昨年もボルゲーゼ美術館展を見に行った所だから、
地下鉄の乗り換えは、楽勝~♪...と思ったのに...

駅の改札を出る時になって「なんか違うみたい...」と妹が言い出した。


なんと、京都国立近大美術館(左京区)だと思ってたら、

今回は、京都国立博物館(東山区)だった!

  あちゃー、またまたやっちゃったわよぅ!(ノ゜0゜)ノ


しかし、いつもの事ながら、

  なんで行き先をしっかり確認せずに行っちゃうかねぇ...(--#



ま、改札を出る前で、よかったわ♪>いいのか?(--#

 


 


博物館に着くと、意外にも空いててラッキー♪

...と思ったら、なんと 1時間40分待ち だった。バタリンコ。

ほで、改札のずーっと向こうが入り口で、長蛇の列だった。(><;


仕方なく、隣にあるレストランで食事をしようと思ったら、そこも長蛇の列。( ̄□ ̄;) 


お腹も空いてるし、どこか食事のできる所を探しながら、 駅まで戻ることにした。


んで、駅の近くまで来たら、良さそうなお店を発見♪

みなさん、うどんや定食を食べてたけど、
私と妹は、居酒屋メニューを開いて、あれこれ注文。

もちろんビールも~♪ >昼間ッからビールかいなっ!?

 100305habsburgs-ten-izakaya  
 トマトとネギのサラダ。

 ここのお料理は、どれも美味しかった~♪
  


ほで、お腹
もいっぱいになり、

  あ~、もう絵画なんてどーでもよくなってきたー!

とか言ってたら、お店の人が

  博物館は、昨日もすごく混んでたみたいですよ...

って教えてくれた。



  う~ん、それじゃー、

  今週は、いつ来ても混んでたってことね。(--;



4時前になって、美術簡に戻ると40分待ちになっていた。
そして、意外と早く、30分も並ばないで中に入れた。(^^V

 




絵画は、

 

・11歳の女帝マリア・テレジア 

 >青いドレスの色が素敵でした。

 100305habsburgs-ten-maria-theresia 



・オーストリア皇妃エリザベート 

 >絵の大きさに圧倒されました。(半端なく大きて、特大級だった!)

  そして、白いドレスのフワフワ感が、こりまたすごかった~!

 100305habsburgs-ten-elisabeht




絵画展では、いつも気に入った絵のクリアーファイルを買います。

今回は、この2作品のクリアーファイルを買いました。

でも、いつも勿体なくて使えない...>貧乏性。(^^:;



    ポチッ!とよろしくです→  
                   
人気ブログランキングへ


2009年12月05日 (土) | 編集 |

12月5日(土) 晴

妹とサントリーミウジアムで開催中の

  「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」
  http://www.sps.sgn.ne.jp/company/news.html#news139

に行ってきました。

  091205klimt
 
クリムトの名前につられて行ったけど、彼の作品は3点だけだった。(--;


以前、豪華な金ピカの作品を見に行ったことがあったので、
今回も楽しみにしてたんだけど、金ピカはパンフレットに乗っている作品のみ。


ま、「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展ってことだし
無料チケットだったし、いっかな。(^^;;


絵画のプチ知識
も少しだけレベルアップしたしね。
     ↓ 
 ・クリムトの生きた時代は、オーストリア・ハンガリー帝国、ハプスブルク帝国の
  最後の時代。
  
 ・クリムトのお父さんは、金銀の線刻師だった。
  あの金ピカ作品は、お父さんの影響もあるのかな~?>勝手に想像。

 ・クリムトには、エゴン・シーレって弟子と
  マッチュっていう、ウィーン工芸美術学校での級友がいた。
  んで、クリムトの2人の弟もィーン工芸美術学校に入学。
  (兄弟そろって、芸術家だったのね)
  
  シーレが美術アカデミーへ進学した年、ヒトラーは入学を拒否された。

  シーレとクリムトは、親子ほど年が離れていたけど、師弟関係を超えた深い親交があった。

 ・弟のエルンストやマッチュと共に芸術家カンパニーを設立するが、
  弟が亡くなって、解散。

 ・級友のマッチュと共に、公共建築(ウィーン大学の天井画の装飾画)を
  一緒に手がけるが、この作品は、とても非難を受け、この仕事を放棄。

 ・ウィーンの伝統的な芸術から離れて、「分離派展」を結成。
 
 ・クリムトは、1918年(第一次世界大戦が終わった年)に、
  脳卒中で半身不随になり、 その三週間後にスペイン風邪で亡くなった。

  下半身不随になったクリムトを看病し、最後を看取ったのは、シーレだけ。
  そして、シーレは、病院の死体安置室で、クリムトの死顔を3枚デッサンした。
  
  同じ年にシーレの奥さん(結婚3年目で妊娠中)もスペイン風邪で亡くなった。
  そして、奥さんが亡くなった3日後に、シーレもスペイン風邪で亡くなった。
    
 ・クリムト:享年55歳。
 ・シーレ :享年28歳。


 革命の激動期・第一次世界大戦・スペイン風邪の流行。

 大変な時代に生きた芸術家たちだったんだなぁ...
  



  091205kaiyu-kan 
  サントリーミウジアムの中から撮った、南港。
  逆行なので、モノクロ風に撮れちゃいました。
  空の光の真ん中にある黒点は、太陽。



結構、絵画展には行くんだけど、シーレやマッチュって名前は、初めて知った。
>似非絵画マニアなのがバレバレ。(^^;;

豪華な金ピカの作品は少なかったけど、今まで見たことのない絵が沢山見られたし、
オーストリア芸術の歴史も少し分かったし、良かったかな~。

オーストリアの絵画って、あまり見たことが無かったように思う。

シーレの絵に関しては、彼の生い立ちなどを知ると、
ちょっと怖いというか、不気味な感じの作品が多いのも、分かるような気がしました。
明るくて華やかな絵は、ないんだよね...>展示品以外では、あるのかな?


んで、クリムトもシーレも、スペイン風邪で亡くなったのか...


   みなさん、風邪には気をつけましょー! FC2ランキングぅ!
             ↑
         シメは、そこかいっ!?

                こちらもポチッ!とよろしくです→人気ブログランキングへ


2009年11月07日 (土) | 編集 |

11月7日(土) 晴

京都国立近大美術館ボルゲーゼ美術館展に行って来きました~♪
                                               

特別、絵画に詳しい訳じゃないけど、
綺麗な絵を見るのが好きなので美術館にはよく行きます。おほほ。


美術館に入る前に、まずは、美術館の近くで遅めのランチ。
>芸術の秋より、食欲の秋が優先かいっ!?(ーー;

ここのお店のオムライスは、うまうまでした♪

  091107lanch 




ボルゲーゼ美術館展のハイライト作品は、
ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」

数年前に見た、レオナルド・ダビンチの「白てんを抱く貴婦人」
似ているな~と思ったら、やっぱりダビンチの影響を受けているらしいです。http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/davinci_ritratto.html



  091107borghese-ten   

この「一角獣を抱く貴婦人」の絵は、ボルゲーゼ枢機卿が収集した時、
一角獣の上に、車輪が描かれていて、
一角獣は見えず、 女性の肩にはマントを羽織っていたそうです。

20世紀に修復された時、下から一角獣が出てきたそうで、
なんだか、謎を秘めた絵でした。

館内は以外と空いていて、ゆっくり見ることが出来きました。

午後から行ったのが良かったかも。(^^V


12月27日まで開催されているので、
興味のある方は是非行って下さいませ~!


そーそー、私は、館内では、いつも音声ガイドを借ります。
1台借りて、妹と二人で変わりばんこに聞きます。(^^;;
 
音声ガイドでは、絵についての説明以外に、
当時の時代背景なども聞けるので、
よりいっそう絵に対する興味が深まります。



音声ガイドは、大体、どこの美術館でも500円くらいですので、
借りたことがない人は、一度借りて見てくださいませ~。

      
           ポチッ!とよろしくです→  
                          人気ブログランキングへ


2009年08月16日 (日) | 編集 |

2009年8月16日(日) 曇のち晴

妹と京都文化博物館に「藤城清治光と影の世界展」に行ってきました。  
 090816hujisiro-seiji-kagee
    

藤城清治さんの作品は、 きっと誰でも一度は目にしたことがあると思います。

ケロヨン・小人・猫・子馬・楽器・花...etc
大きな台紙(?)に、小さなモチーフが、
信じられないくらい沢山散りばめられていて、
とても人間業とは思えません。

いったいどれだけの時間をかけて作られたのだろうと想像すると、
気が遠くなりそうでした~。(>_<;

色の鮮やかさとモチーフの細かさと計算された構図に
圧倒されてしまいました!

どの作品にも優しさが溢れていて、
影絵の持つ不思議な世界に引き込まれてしまいました。


そして、一番すごいと思ったのは、
85歳のご高齢なのに、今も新作に取り組んでいるところ!!!

んでもって、奥さんがケロヨンの着ぐるみに入っていたなんて、ビックリ!
>妹がケロヨンを知らないってのも、ビックリだったけど...

欲しかった「アリスのハート」の絵葉書が売り切れだったのが残念だったけど、
他の絵葉書を数枚買いました。

9月23日まで開催されているので、是非行ってみてください!


帰りは、美味しい居酒屋さんを発見♪

090816kyoto-hottokeya 

烏丸の「ほっとけ屋」は、スタッフの女性がとても感じが良くて
お料理も美味しかったです!!!

  
結局最後は、芸術より食い気かいっ!?ってご意見は、
スルーさせていただきます~(^^; ランキングぅ!

こちらもポチットよろしくです→人気ブログランキングへ